渋沢栄一の今日の一訓

渋沢栄一とは

渋沢栄一

新一万円札の顔となる渋沢栄一。
渋沢栄一は1840(天保11)年2月13日、現在の埼玉県深谷市血洗島村の農家に生まれました。
畑作、藍玉の製造・販売、養蚕を手伝う一方、幼い頃から父に学問の手解きを受け、従兄弟の尾高惇忠から本格的に「論語」などを学びます。栄一も家業を手伝う中で、経済・経営のノウハウを身に付けていき、実践から吸収した経済観が、後の人生に於いて大いに役立つことになったのでしょう。
栄一は27歳の時、15代将軍となった徳川慶喜の実弟・後の水戸藩主、徳川昭武に随行しパリの万国博覧会を見学するほか欧州諸国の実情を見聞し、先進諸国の社会の内情に広く通ずることができました。目に映るもの全てが新鮮だったと言われています。

明治維新となり欧州から帰国した栄一は、「商法会所」を静岡に設立、その後明治政府に招かれ大蔵省の一員として新しい国づくりに深く関わります。
1873(明治6)年に大蔵省を辞した後、栄一は一民間経済人として活動しました。そのスタートは「第一国立銀行」の総監役(後に頭取)でした。栄一は第一国立銀行を拠点に、株式会社組織による企業の創設・育成に力を入れ、また「道徳経済合一説」を説き続け、生涯に約500もの会社の設立と運営、600の社会事業に携わりました。
銀行、鉄道、ホテル、建設、電気、ガス、水道、通信等、学校、病院など、今や私たちの生活には欠かせない現代社会の基礎を築いた「日本資本主義の父」渋沢栄一が提唱した「倫理と利益の両立」の思想は、今日でも多くの経営者が目指すべき形と言えるでしょう。

渋沢栄一検定(公益財団法人 渋沢栄一記念財団 渋沢史料館 監修)
検定申込サイト:https://www.kentei-uketsuke.com/shibusawa/

渋沢栄一検定公式テキスト
https://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-53775-7

協力
公益財団法人 渋沢栄一記念財団
http://www.shibusawa.or.jp

渋沢百訓まんじゅう

渋沢栄一は大の「甘味処好き」といわれオートミールと甘いミルクが大好物でした。
当時を偲ばせるよう、上質な素材を使って丹念に練り上げた上品な甘さの「みるく餡」、渋沢翁の好物「オートミール」を練り込んで焼き上げました。日本古来の白いんげん豆による「白餡」と西洋からの「ミルクとバター」を融合させた、時代を彷彿させる懐かしの味が口の中にふわっと広がります。新たな時代の幕開けを予感させる懐かしの味をお楽しみください。

2種類の饅頭には渋沢翁の接客の場や書庫だった「青淵文庫」、おもてなしのための洋風茶室として使用した「晩香蘆」から名前をいただきました。また、東京北区からは「東京北区渋沢栄一プロジェクト推進事業助成金活用商品」として認定され、地元北区内にある企業とともに作り上げた逸品です。

協力

株式会社山久 http://www.ruan-yk.co.jp

トキハソース株式会社 https://tokiwa-sauce.co.jp

  • 青淵のたたずみ『オリジナルみるく餡』

    青淵のたたずみ
    『オリジナルみるく餡』
    (生野菜酵素分解エキス)

    酵素分解した生野菜と果実・スパイスを加熱処理せず熟成させたソースを加え、あとを引く風味に仕上がっています。

  • 晩香蘆のもてなし『さくらみるく餡』

    晩香蘆のもてなし
    『さくらみるく餡』

    飛鳥山の春を思わせる桜の葉の塩漬けも贅沢に練り込んだ香り豊かな「さくらみるく餡」です。

  • 青淵のたたずみ『オリジナルみるく餡』

    渋沢百訓饅頭(6個入り)
    渋沢百訓まんじゅう(2個入り)

    6個入りと2個入りの2種類。QRコードをかざすと、その訓言の内容を確認することができます。渋沢栄一の世界観を感じ、自身と向き合ってみましょう!

饅頭商品紹介はこちら

渋沢栄一の偉業の原点、藍玉

渋沢栄一が生まれた深谷の「中の家(なかんち)」でも藍を栽培し、染料となる藍玉を製造していました。
さらに、藍を栽培している農家から藍を買い付け、作った藍玉を紺屋に販売していたのです。栄一は勉学や剣術に励む一方、家業にも興味を持ち、父親に同行しながら商売を学んでいったのです。
17歳頃から、信州・上州・武州秩父にある得意先廻りは栄一の仕事になりました。武州(関東)においては現在の埼玉県羽生市近郊が糸染めの産地として発展していき、その羽生の地で、天然発酵にこだわった藍で糸を染め、織機で生地を織って、今もなお、古くからの製法をそのまま受け継いでいる工場があります。天然発酵建ての藍液を育て、糸の状態で染める=「天然発酵建て・先染め」の藍染め技法と何段階もの染色工程を経ることによって、風合い豊かなふたつとない製品となります。藍液で糸を直接染めていく伝統技術を用いた武州の発酵藍染め商品が、現代の実用的なものとして継承されております。

  • 武州発酵藍染めマスク

    武州発酵藍染めマスク

  • 武州発酵藍染めフェイスタオル

    武州発酵藍染めフェイスタオル

  • 武州発酵藍染め巾着

    武州発酵藍染め巾着

  • 武州発酵藍染めエコバッグ

    武州発酵藍染めエコバッグ

  • 武州発酵藍染めストール

    武州発酵藍染めストール

製造元:野川染織工業株式会社
公式サイト:http://www.nogawasenshoku.com/

渋沢eiシリーズ商品紹介はこちら

渋沢栄一の今日の一訓

偉大な日本の資本主義の父 渋沢栄一が残した教え百訓には現代にも通じるものがあります。
その中からあなたにぴったりの言葉が見つかるかもしれません!
占う日付・あなたの誕生日・今日はこれだ!と感じるインスピレーションカラー
選択して「今日の一訓をみる」をクリック!

占う日付は?
あなたの誕生日は?
今日これだ!と感じる
インスピレーションカラー